地下鉄「都島駅」下車すぐの内科・泌尿器科 梅川クリニックでは、ED治療(シルデナフィル処方)やプラセンタ注射、性病治療なども行っております。

サノレックス

  • HOME »
  • サノレックス

サノレックス

厚生労働省が承認をした国内唯一の肥満に有効な食欲抑制剤が、この「サノレックス」です。1992年の発売開始ですので、20年以上の歴史を有する安全な薬です。
正式な薬剤名称は、「マジンドール」です。

サノレックスは食欲に関係のある神経に働きかけることによって食欲をおさえます。しかしこのサノレックスは単に服用するだけで、どんどんやせてくるというものではありません。このサノレックスを服用することにより空腹感が少なくなり食べる量が減ることは確かなようです。ですので、計画的なダイエットの応援をしてくれる薬であると理解ください。

つまり、サノレックスに対する正しい認識適切なダイエットの両方があって減量が成功します。梅川クリニックではサノレックスに対する正しい適切な使用法を説明して、あなたのダイエットのお手伝いをします。

服用したすべての人に明らかな効果があるわけではありませんが、 研究によるとサノレックスは70%以上の人に効果があったと報告されています。

標準的な使用法を説明します。

第1段階( スタート方法)

昼食の1時間前にサノレックス1錠を服用します。
これで効果が充分な場合は、その後の1日1錠で服用を続けるようにしましょう。

第2段階 (増量方法)

第一段階で、効果が不充分な場合の増量法です。
昼食と夕食のそれぞれ1時間前にサノレックス1錠を服用しましょう。
1日の合計服用量は2錠となります。

服用期間

  • 身体がサノレックスに慣れてくるため、効果が日数とともに減少することがあります。
  • 早期に適切な食習慣をつけるように努めましょう。
  • 最初のサノレックスの服用期間の目安は1~2ヶ月が適切です。
  • さらに服用したい場合は、いったん服用を中止して、6ヶ月程度たってから再開することを勧めています。
  • サノレックスを漫然と長期に服用すると依存性がでる可能性があります。
  • サノレックスの服用は、最大で連続3ヶ月までするようお願いしております。

副作用

  • サノレックスは脳・自律神経に作用しますので、まれに副作用が出ることがあります。
  • 重い副作用はほとんどありません。
  • まれに出るサノレックスの副作用は、軽い口の渇きと便秘です。

  • 便秘については、便秘薬の使用で対応できます。
  • 他に頭痛などがおこることもあるようです。
  • サノレックスを服用して予期せぬ体調不良が起こったときは、必ず受診をして医師の診察と指示を受けてください。

診察料:無料
「サノレックス」
一箱:100錠入り35,000円(税込)
1シート:10錠入り3,500円(税込)
※日本製です。

梅川クリニックでは、生活の質をさらに高める治療を、適切な価格で提供しています。
おからだにも、経済的にもやさしい医療を目指しております。その結果として、大阪でも比較的安い費用での提供となるのではないかと考えております。

診療時間

診察時間
  9:30~12:30
15:30~19:30

休診日:水曜、日曜、祝日、土曜午後

クリニックのご案内

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-24-7 K-1ビル4F

地下鉄谷町線「都島駅」
1号出口より徒歩約2分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6167-7788

駐車場なし
近隣のコインパーキングをご利用ください

ED(勃起不全)治療

性病治療
<br />
発毛治療薬(脱毛抑制剤)プロペシア

初診の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
プラセンタ注射

インフォメーション

診療科目

泌尿器科・内科

診察時間
  9:30~12:30
15:30~19:30

休診日

水曜、日曜、祝日、土曜午後

所在地

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-24-7
K-1ビル 4F

電話

お気軽にお問い合わせください
TEL:06-6167-7788