地下鉄「都島駅」下車すぐの内科・泌尿器科 梅川クリニックでは、ED治療(シルデナフィル処方)やプラセンタ注射、性病治療なども行っております。

陰茎(ペニス)カンジダ症

  • HOME »
  • 陰茎(ペニス)カンジダ症

陰茎(ペニス)カンジダ症について

カンジダ症とは、カビ(真菌)の一つであるカンジダによる皮膚感染症です。医学用語では、カンジダ属(Candida albicans)によって起こる感染症を言います。

カンジダ(カビ)は、広く皮膚や口の中などだれでも持っている菌で(常在菌)、それほど珍しいのもではありません。ですから、ペニスの皮膚に存在したとしても、これがすぐに病的なもので、炎症を起こすわけではありません。

ときに、このカンジダがペニス・亀頭周囲に異常に増殖して、カンジダ皮膚炎を起こし赤くただれたり、かゆくなったりします。
さらに、このカンジダ皮膚炎により、いわゆる白いちんかすが増えたり、亀頭包皮が赤みを増したり、むずかゆくなったりします。他の菌による病気と、見た目で判断するのは難しい場合があります。ですから、カンジダがいるかいないかをきちんと調べる検査は大事なのです。

ペニスにカンジタをもっていても、自覚症状がなく、自然治癒する事もあります。

その逆に、糖尿病や免疫機能が低下していると、カンジダが増殖することがあります。

性的接触によって女性からペニス・陰茎皮膚にカンジダが付いても、入浴やシャワーによって清潔にしていれば感染は稀です。しかし過剰に石鹸で洗いすぎるのは、よくありません。

カンジダの検査は、ペニス・亀頭冠状溝とその周囲を、綿棒で軽くこすり菌を採取し、検査を行います。綿棒を尿道に突っ込んだりしませんので、まったく痛くありません。

検査でカンジダがいることが確認されれば、その治療はカンジダに有効な軟膏(ニゾラールクリームなど)での治療を行います。

もしカンジダがいなければ、単なる亀頭包皮炎として、炎症止めの軟膏などで治療できます。

診療時間

診察時間
  9:30~12:30
15:30~19:30

休診日:水曜、日曜、祝日、土曜午後

クリニックのご案内

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-24-7 K-1ビル4F

地下鉄谷町線「都島駅」
1号出口より徒歩約2分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6167-7788

駐車場なし
近隣のコインパーキングをご利用ください

ED(勃起不全)治療

性病治療
<br />
発毛治療薬(脱毛抑制剤)プロペシア

初診の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
プラセンタ注射

インフォメーション

診療科目

泌尿器科・内科

診察時間
  9:30~12:30
15:30~19:30

休診日

水曜、日曜、祝日、土曜午後

所在地

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-24-7
K-1ビル 4F

電話

お気軽にお問い合わせください
TEL:06-6167-7788